春の暖かい日差しの中、新年度がスタートしました。


年度終わりには元さくら組さんが旅立ちを迎え、とてもとても寂しい思いで送り出しました。


お別れの日。子ども達の方が覚悟が決まっていたようで「ばいばーい🙋」とあっさりしたものでした。

「ママの方が離れがたいわ!」とおっしゃる保護者の方が多かったです。

先生たちも「さみしいよー💧」と泣くのを我慢我慢💧


この場をお借りしてたくさんのありがたいお言葉やお手紙、お心遣い本当にありがとうございました。





新年度がスタートして新しいお友だちが仲間入りしました。




まだ慣れずに泣いてしまうお友だちもいますが、少しずつ慣れて遊べる時間も増えてきました。



お片付けの仕方も先輩に教わっています。



朝のおやつも食べてくれました。





新さくら組(2歳児)は今まで座っていたテーブルを卒業してちょっと高めのテーブルに座りご満悦。




さくら組になって、とても張り切って靴下やジャンパーを脱ぐ姿に、なんだか自分は大きくなったんだと自覚しているような気がしました。




お部屋ではお気に入りのバッグを片手に「行ってきまーす✋」




クレヨンを渡すと身体を前後に動かして描いていました!芸術家のようです。



春の日差しが気持ちいい散歩です☀



これからたくさん春探しの旅に出掛けていきたいと思います♪

雪が溶け、春の暖かさを感じながら、散歩を楽しめるようになってきている今日このごろ。


特に今日は、いつも以上に暖かさを感じられたので、精進河畔公園の滝の方までお散歩にでかけてみることにしました。



冬の間は狭い細い道しか歩けなかったのに、アスファルトが出ていたり、道幅も広くなっていたり・・・。



でも桜の木などの芽はまだまだ固く、花は咲きそうにもありません。



それでも、滝に向けて歩みを進めていくと!!!なんと!!


エゾリスを発見!!!今年度になってから、一度も会えずじまいだったのに、最後の最後、みんなに顔を見せてくれましたよ!!


残念ながら、忍者のごとく素早いリスは、写真に収めることができませんでした…(^_^;)


その後は、カモの夫婦にも遭遇。「ヤッホー」「カモさーん」と声をかけていましたよ🌟



滝についてみたら、雪解け水で水量が増えていて、ゴー!!という大きな音を出して流れていました。みんなで、「どうしてー?」と眺めてきましたよ。





これが春!というものはなかなか見つけられませんでしたが、探検して楽しむことができましたよ~。


たんぽぽ組さんは、豊平川の大きな川を見に出かけてきました~♫

Copyright はるにれ保育園. All rights reserved.